背中の痛みの原因

背中の痛みから考えられる病気って?

背中の痛みで最も多いのは、やはり筋肉疲労による痛みの筋肉痛でしょう。
原因は、立ちっぱなしの仕事や一定の体勢を続けている事、激しい運動、姿勢が悪い事が考えられます。
背中の痛いところをマッサージして痛みが和らいだり、短期間で痛みが治まるようでしたら、ただの筋肉痛なので心配はいりません。
しかし、背中の痛みには様々な原因があり、それによって病名も細かく分かれるのが本当のところです。
骨の異常・筋肉疲労・内臓疾患などはもちろん、年齢や性別、痛み具合によっても異なります。
そこで、背中の痛みの原因として考えられる病気を簡単に紹介します。
まず骨の病気で可能性があるのは、「骨粗しょう症」「椎間板ヘルニア」「変形性脊椎症」です。
内臓疾患で可能性があるのは、「腎盂腎炎」「腎臓ガン」「肝炎」「肝硬変」「肝臓ガン」「急性膵臓炎」「慢性膵臓炎」「膵臓ガン」「胆石」「急性胆嚢炎」「慢性胆嚢炎」「胆嚢ガン」「胃潰瘍」「十二脂腸潰瘍」「胃ガン」などです。
骨の病気に関しては、背中のどの位置が痛くなるかは人それぞれです。
内臓疾患では、腎臓系は背中の片側どちらかの下部が痛みます。
肝臓系は背中の右側のみが痛みます。
膵臓系は、急性膵臓炎は背中のちょうど真ん中辺り、慢性膵臓炎は左側のみが痛みます。
胆嚢系は、右側の背中から肩に掛けて痛みます。
消化器系は、潰瘍ができる場所によって痛む位置が変わってきます。
このように、一言で背中の痛みといっても様々な病気が隠れている場合があります。

お役立ちサイト&関連サイトの紹介

ナノアクションD 購入
ナノアクションDの購入ならこちら。送料無料で購入できます。浸透型発毛促進剤のナノアクションDなら、極小にナノ化された成分が毛穴に広く浸透します。

お役立ちサイトや関連サイト紹介です。